未来応援プロジェクト「群馬県の小学校」 学校長・担当教諭の感想

学校長・担当教諭様

ウォーキング 君塚正道
未来応援プロジェクト 競歩VS小学4年生全力走!

【学校長】

「競歩」を知らない児童や保護者が先生の競歩を目の当たりにして「驚き」とともに「歩くこと」への興味がわきあがっていたと思います。

いろいろな「歩く」トレーニングを通して、体がほぐれ、歩くことは知ることへの抵抗感が薄れ「意外と楽しいね」という気持ちになっていきました。体を動かす爽快感を久しぶりに思い出しました。遠路はるばるありがとうございました。もう少し時間が(回数)が欲しかったです。


【担当教諭】

正しい歩き方をすることで姿勢がよくなったり、きれいに見えることが実際にやってみてわかりました。とてもわかり易い説明と指導であっという間の時間でした。常に指導している立場として楽しく体を動かせることの重要さも改めて知りました。今後は体育などの体つくり・ほぐしに取り入れ、子どもたちの柔軟性をつけさせていきたいと思います。為になった指導は活かしていけるようにしたいです。ありがとうございました。


 

このたびは、ありがとうございました!

ウォーキング 君塚正道
クリックで拡大画像がご覧頂けます。

学校長・担当教諭様

未来応援プロジェクトは、子どもたちが対象となるプログラムですが、今回は担当の先生からの強い要望で保護者参加型の「親子ウォーキング教室」と題して開催させて頂きました。

親と子ども、また親と学校とのコミュニケーションが昔と比べ変化するなかで、親子が一緒になって一つの目的に向かって取り組む時間は有意義だったのではないでしょうか。

子どもたちは親の前で一生懸命に頑張り、また親は照れながらも子どもの前で頑張り、日ごろの運動不足を感じる体との会話も楽しみながら笑顔で取り組む姿勢が印象的でした。

ウォーキング教室の後には、教室で先生と子どもたちが、またお家でも親子でウォーキング教室について振り返る時間があったと聞き嬉しく思います。今後もこのようなウォーキング指導を通じて、生涯にわたり付き合う歩行運動について、学校そして親子で考える機会を、また「走る」ことや「競歩」などのスポーツ体験をすることでスポーツ推進につながることを期待しています。こちらこそ、ありがとうございました。


◆生徒の皆さんからお礼のメッセージをいただきました!

ウォーキングインストラクター 君塚正道

 

前のページへ戻る